粕谷英一webpages入口

「野外調査における安全と事故の防止」は別サブドメインに移りました。

不連続的身辺雑記「馬車馬のように」(like a workhorse):現在はウェブログになっています(昔のものはこちら )。昔とは、directoryの構成なども異なっております。

最終修正(final update) 2016.7.14


福岡は、梅雨も後半になり、暑い季節が来ています。
2015年秋の大学の移転に伴い、住所が変わりました(福岡市東区箱崎より福岡市西区元岡へ)。所属は変わりません。

『交尾行動の新しい理解』(粕谷英一・工藤慎一編著、海游舎)が発行されました。

ただいまの標語

良い歴史家は伝説の人食い鬼に似ている(マルク・ブロック)

精神的に向上心のないものは馬鹿だ(夏目漱石)

人生は短く、技の道は長い、経験は誤り多く、決断は困難である(ヒポクラテス)

Wir mussen wissen. Wir werden wissen. - Hilbert 

Mathematics knows no race or geographic boundaries; for mathematics, the cultural world is one country.- Hilbert




粕谷英一  九州大学理学部 生物学教室 生態学研究室に所属しています(九州大学理学研究にも所属し、大学院システム生命科学府を担当しています[大学院理学府も担当していました])

Kasuya, Eiiti (Laboratory of Ecology)   Department of Biology, Kyushu University, Motooka, Fukuoka, Japan. Postal Code 819-0395


目次

研究

統計の本

『一般化線形モデル』(共立出版)(共立出版のサイト[使用されているデータのファイルや正誤表もあります])。この本を含むシリーズ『Rで学ぶデータサイエンス』が、日本統計学会出版賞を受賞したとのことです。


歴史の中の今西錦司


その他

.

さらにその他

博多あるいは福岡ー食べるものなど


 どのページへのリンクも自由にはっていただいてかまいません(運用するサーバーを変えて制約がゆるみました)。ただ、ファイルやディレクトリー構成、ファイル名等の変更などにより、リンク切れになりましても当方は一切の責任を負いません。リンク切れとなる可能性はこのページが他のページより小さくなっております。

 このウェブサイトでの内容は私個人の責任によるものであり、九州大学や同理学部、同理学研究院、同理学府、同システム生命科学府ならびにそれらを構成する学科、部門、専攻、講座、研究室などを代表するものではありません。それぞれの組織を代表する見解はそれぞれの組織にお問い合わせください。

  このウェブサイトにおける、九州大学内の諸組織の名称はその時点での正式名称ではなく通称にすぎない場合があります。正式名称が知りたい方は九州大学にお問い合わせください。


「野外調査における安全と事故の防止」は移動して公開しています。


このウェブサイトへのご連絡・お問い合わせ(すぐにお返事できるとは限らないことをご了解ください)は電子メールでお願いします(アドレスについてはkasuya と  ecology1.orgの間にアットマークをはさんでください)。